« DSLR Controller Wi-Fi paththrough mode | トップページ | グリップヒーターのスイッチをLEDイルミプッシュスイッチに 12V  »

戸車修理について知っている少しのこと

2015.04.05

写真家・坂本 - デレゲイツ再び

納品が終わったのでたまには家の主っぽいことを。

 

Toguruma01

 

ミドリカワ書房のアー写でもお馴染みのこの玄関。玄関は昔ながらのガラスの引き戸なのですが、これがガラスのせいで戸そのものの重量がかなりあります。
そのせいで、汎用の戸車を使うとあっという間に逝かれます。前回直してからせいぜい3年、また動きが渋く、というか外れてしまうようになりました。

 

Toguruma04

 

今回は戸車ではなくレールの方。築80年ともなると、木材そのものが痩せてきてしまいます。木の年輪部分は堅く、それ以外は柔らかいので、その柔らかい部分が先に痩せます。レールが堅い部分に乗っている部分と、それ以外の部分で凹凸が出来てしまい、それで傾いてしまっております。

 

まずはレールを外してその部分を平坦に鉋掛けをします。ところがこうした場所は、だいたい、レールを止める釘が大量に折れて刺さってまして、一筋縄ではいきません。まずは釘を抜く所から。こういう箇所は真鍮などの錆びない柔らかい釘を使ってくれればありがたいんですが、祖父や誰かの手直しの跡が数限りなく残っておりまして、鉄釘を使い、当然錆びて頭が腐り、結果レールが外れてしまいます。出入口の端側には6本も刺さっておりました。

 

釘を抜いてからようやく鉋掛け。それでもまだ釘が残っているかもしれませんので慎重に。刃を欠くと研ぎ直しに半日潰れます。

 

レーザーなどを使って、簡易的ですがチェックしながら平坦になったところでレールを打ち込みます。レールにも色々種類があって、昔ながらの甲丸を使っていますが、こうした木部に、ガラスの嵌まった重量のある戸に使う場合は、中が空洞になっているタイプのレールはNGです。あっという間に痩せた部分に食い込んでレールが傾きます。ルーターなども持っているので、溝を掘ってV字レールを埋め込んでも良いのですが、それはまた今度。レールの上に釘の段差が出ない、Ω字型のレールを探したのですが、どうも商品名が判らず、入手困難だったので普通の甲丸を使っています。

 

Toguruma02

 

今回の作業は、片側のレールのみ土台を平坦にしました。レールそのものの高さが変わってしまうので、高さ調整式の戸車を使わないと、鍵穴が合わなくなってしまいます

というわけで高さ調整式の戸車。嵌め込み部分が今までの76mm幅から81mmに広がったので戸のほうも蚤で溝を広げます。幾度もの戸車交換で脆くなった古い木材を、ルーターで精密に削るような技量はアリマセン。刻むというより蚤で削っては掻い出すような作業になります。戸車に付属でネジなども付いてきますが、もうそんなものがシッカリと利く状態ではないので、戸車の形にきっちり掘って、そこにはめ込む事を優先します。

 

Toguruma03

上が汎用戸車、下が高さ調整式戸車。

そして叔父の自作工具箱は蚤と鉋が山ほど。一応全部研いであります。ちなみに上の方の写真に写り込んでる青いブリキの工具箱は中学生の時に自分で作ったもの。今はヤットコや金工道具が詰め込まれています。結城先生、俺、未だにハンダ付けが苦手です。

 

Toguruma05

 

Ω式のレールが欲しい、と思うのはこの作業があるから。打ち込んだ真鍮の釘の頭を、叩いてレールの形に潰していきます。そうしないと戸車が乗るたびに引っかかりますし、カタンカタン煩いのですが、Ω字レールなら、下の_ _部分に釘が打てて楽。まあこれもいずれ。

※お教えいただきありがとうございます。堀商店ノイズレスレールと言うそうです。一間分が1,900円、この手間を考えたら手頃なお値段です。カタログ191ページ

 

漫画「サザエさん」に、夜遅く帰宅した家人が、普段から立て付けが悪くガタピシ言う玄関を、いつも通り力いっぱいに開けたところ、せっかく直したばかりの玄関戸を粉砕してしまうというエピソードがありましたが、本当にそれが起きそうな感じになりました。修理が終わったのですが、何ということか、ネコでも簡単に開けられるようになってしまい、悩みの種は尽きません。

 

20150403015402189

 

 


  • Twitter
  • Facebook

« DSLR Controller Wi-Fi paththrough mode | トップページ | グリップヒーターのスイッチをLEDイルミプッシュスイッチに 12V  »

コメントを書く

※コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


(ウェブ上には掲載しません)




住まい・インテリア」カテゴリの記事

意外と芝生も刈れる、ヘッジトリマーの刃研ぎ(手ヤスリ目立て) リョービの場合

リョービのヘッジトリマー、HT-4200の刃を研いでみよう。実は手ヤスリのほうが切れ味が良いのです。

2021.03.05

ニッセンよ、お前もか

ニッセン・ゴールドフレームのタンクがお漏らし

2018.06.13

ベアリングあれこれ

タテ形4面ショーケースのメンテナンスあれこれ

2017.09.05

haatzのレンジフード掃除

haatzのレンジフード BH-60/90掃除マニュアル

2017.07.15

ウクラーラ! SRS-N100 ウーファーユニット・交換

ウクラーラのバスレフスピーカー割れを何とかしようと悪戦苦闘中

2017.05.16

日々の糧」カテゴリの記事

プレートテクトニクス・台湾製電動アシスト自転車のバッテリーのカギを入手するまで

サポートの無くなった古い電動自転車のバッテリーロックのスペアキーを作ろうと思ったら、鍵が台湾製でブランクキーが無く、意外と大変でした。結局どうなったかというと

2021.05.01

ルンバ、猫の毛、意外と無い画像

ルンバのブラシに絡まるペットの毛画像。分解清掃のポイント。

2021.04.07

30年前のワイヤレス充電、ただし「Qi(チー)」ではない

まだ使ってるの? と言われそうなソニッケアー、バッテリーが死んだので殻割して充電池を交換します。電池はコードレス子機用電池を流用。プラリペアで防水処理も簡単。さあ磨こう、歯やスニーカーたちを1分間に1万回の振動で。

2021.03.27

冬のUFO 恋はアスパラ 春のドイツ式ベーコン燻製祭

ついに庭にアスパラが生えてきた。ここはやはりドイツ風ベーコンを作ってみよう。初の冷燻にチャレンジ。レシピは日独協会の秘伝書より。

2021.03.20

春うらら・夏みかん移植失敗、そしてポン酢ふたたび

愛用のイスラエル製ジューサーZaksenberg。道端でこれ一台使ってフレッシュジュースを売る屋台をやるのが夢

2021.03.17

コメント

このブログにより権利が侵害されたと考えの際の申し立てについてはこちら